アメリカの病院からセカンドオピニオンを(MSKその3)費用の節約

節約できる予想額は20万円以上!その内訳を紹介します。

ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリング・がんセンター(以下MSKと省略)より、リモートサービスにてセカンドオピニオンを受ける為の費用を紹介します。
この際、代行業者に依頼せずに自分で直接申し込みをすると20万円以上安く済ませる事が可能と考えています。(現時点ではまだ受けていないので確実ではありません)
英語でのやり取りが必要ですが、僕の英語力でどこまでできるかやってみて、そのやりとりを公開するつもりです。
どの程度の英語力が必要か、代行業者が必要か否かの判断材料にできると思います。

予想する費用の内訳は以下の通りです。

1.MSKのリモートセカンドオピニオン費用
US$2,750≒30万円(削減不可)

2.代行業者の手数料
およそ20万円(削減可)

3.診断書の翻訳費
推定10万円(一部削減可)

僕は代行業者を使わず自分で申し込みする予定です。うまく行けば「2.代行業者手数料」を0円にできると考えています。
「3.診断書の翻訳費」は複数の翻訳サービスから見積もりをとって比較してみたいと思います。ランサーズなどのクラウドソーシングでフリーランスの翻訳者も探してみるつもりです。代行業者にすべておまかせした場合より安くできると思います。

実際にやってみて問題にぶつかる事も考えられるのですが、MSKからのリモートセカンドオピニオンに興味のある方にとって有益な情報を公開できればと考えています。

投稿者:

ケンモクタカトシ

見目隆俊(ケンモク タカトシ)と申します。 グラフィックデザインの仕事を生業としていた時もありましたが、現在は色々やってどうにか暮らしてます。 若い頃はモトクロスにどっぷりハマっていました。オーストラリアに住んでモトクロスレースに出たりもしていました。 (ただのアマチュアライダーです) 現在左足大腿部に高分化脂肪肉腫(硬化型)という病気があり治療中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です