ニセがん卒業?

どうもニセがん患者ケンモクです。

一昨日MRIの撮影で病院へ行って来ました。
そのついでにこの前頼んだ診療情報提供書をいつもらえるか、受付で確認をしたのですが、その後意外な展開になりました。

しばらく待っていると、主治医と直接話す様に言われ、受話器を渡され…

主治医 :「実は病名がわかりました。高分化脂肪肉腫です」
僕 :「えっ、はぁ?」

と言う事で突然のがん宣告…
書類ができてるか聞いたら「あなた、がんですよ」って告げられてしまった訳です…
なんか新しい!
そしてニセがん卒業?

と、こう言う書き方すると、あんまりなので、補足説明をします。
高分化脂肪肉腫は悪性腫瘍に分類されるものだけど、悪性度は低く転移性は低い。
なので、これまでの特別な処置を取らなかったが特に問題はなかったと説明されました。それは僕も有る程度理解していました。
それから、以前PET-CTを撮った時に6.2SUV-MAXと言う数値が出ていて、その時に低悪性の物かもしれないと言う話も聞いていました。
結局、病理の結果がハッキリしない感じだった為に病名もハッキリしなかった訳で、僕は勝手に「ニセがん」と呼ぶ事にした訳です。
でも、不可解なのは検体の採取をやり直した訳では無いのに、1年以上まえの検体が再検査され病理の判定が変わったと言う事。
こんな事が有るんですね、なんかびっくり!

<これまでの流れ>
●2017年2月切開生検術により病理検査を受ける
●約一週間後病理の結果「悪性の根拠なし」その為特別な処置はせず経過観察となる
その後2ヶ月に1回の頻度でCTスキャン、MRI、PET-CTの検査で経過観察
●2017年4月 造影CT
●2017年6月 PET-CT
6.2SUV-MAXと言う数値から低悪性の腫瘍の可能性を示唆される
●2017年8月 MRI
●2017年10月 CT(造影なし)
●2018年12月 造影CT
●2018年1月 アメリカの病院からセカンドオピニオンを取ってみたいと相談
●2018年2月 CT(造影なし)
●2018年5月セカンドオピニオン取得に必要な診療情報提供書の発行を依頼
主治医に僕がアメリカのMSKからセカンドオピニオンを取る計画を相談するとアドバイスをくれました。

僕のように個人的に依頼しなくても、必要な場合は病院側の判断でアメリカの病院に病理判定を依頼する場合も有るので、院内の病理医に聞けば僕の症状に最も適切なアメリカの病院はどこかわかるかもしれない、どこが良いか院内の病理医に相談してみるとおっしゃってくれました。

で、僕はその病院名を聞いたらリモートセカンドオピニオンの取得の可能性を自分で調べる。と言う事を考えていた訳なのですが…
●2018年6月 MRI
検査のついでに診療情報提供書の催促をすると、病理の結果が変わって「高分化脂肪肉腫」と言われる。

僕がアメリカの病院からセカンドオピニオンと言う話をした結果

1年以上前に採取した検体を再検査

病理の判定が変わった!

???????

明日はMRIの結果と主治医の診察があるので詳しい事を聞いてきます。
今日はひとまず報告でした。

新たな展開になりましたが… クラウドファンディングにご協力いただければ有難いです。

投稿者:

ケンモクタカトシ

見目隆俊(ケンモク タカトシ)と申します。 グラフィックデザインの仕事を生業としていた時もありましたが、現在は色々やってどうにか暮らしてます。 若い頃はモトクロスにどっぷりハマっていました。オーストラリアに住んでモトクロスレースに出たりもしていました。 (ただのアマチュアライダーです) 現在左足大腿部に高分化脂肪肉腫(硬化型)という病気があり治療中です。

「ニセがん卒業?」への2件のフィードバック

  1. 偽ガン患者卒業おめでとうございます!

    でも。油断は禁物なので今まで以上に健康には気をつけてくださいね!

  2. いや、いや、どーも、ありがとうございます。
    って、おめでたくないっ!
    マサルくんの言う事は冗談なのか、本気なのかいつも分からないからホントに困るんだけど…
    とは言え、そうじゃ無い普通のマサルもマサルじゃない感じするし、それはそれで困るな。
    サンクスエニウェイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です