ZOZOスーツの”病的”活用法

はい、どーも。

ケンモクです。

本日はZOZOスーツの”病的”な活用法についてお伝えします!

「病的、病気だね、ヤバイ、半端ない、sick! cool! 」≒「👍」

と言う感じでちょっとひねくれたポジティブな表現として「病的」を使う事って有りますね。

しかし残念ながら今回の僕のケースはそっちの病的ではなく「硬化型の高分化脂肪肉腫」と聞きなれない病気と診断されて片脚だけ太くなっている。そんな病的な僕がZOZOスーツで身体のサイズを計測して、治療や健康管理に活用する方法を提案します。

初めての計測結果はこんな感じでした。

左脚だけ太い変な体型でも、スキャンされ、数値化されました。

一番腫れている部分は足の付け根なので、ヒップが大きい感じで計測されてしまったようです。

定期的に計測して病気の経過観察のツールとして使えるのではと目論みが僕の病的活用法案だったのですが…やっぱりこれはあくまでも洋服のサイズ選び用の採寸で、そこまで正確には測れないようです。

軟部肉腫は痛みを感じ無いので腫瘍のサイズがかなり大きくなってから気付くケースが多いと言われています。ZOZOスーツで定期的に全身の採寸をしておけば異変に早く気づくのかも。と思ったのですが、やっぱり難しそうです。

簡単かつ正確に全身サイズのスキャンする方法が有れば他に何か出来そうな気がします。

さて、話は変わります。

「病的」は時としてポジティブな表現になり得ます。なぜか?

それは普通ではなく何かに特出している。と言う意味合いで、「殆ど病気」のような表現があり、そこから更に進化して、「病気、病的」≒「👍」となった。

僕のこの変な「病気」も  ≒「👍」とポジティブな意味変えたいものです。

ではまた!👍

一人称問題

過去のブログにこんな事を書いた事が有って Who am I
文章を書く時、一人称の代名詞の選択に迷うと言う話。
当時は「私」「僕」「俺」では無く「自分」と書く事が多かった。
でも最近は「僕」で統一しようと思っている。
理由は僕が最近気にいっている本の著者の多くが一人称の代名詞は「僕」としていると言うのも大きいと思う。彼らは英語の”I”の感覚で「僕」を用いている感じがする。

そもそも「私」「僕」「俺」と話す相手によって一人称の代名詞を使い分けるのは、自分と相手の上下関係を意識するから。
一般的な社会人なら、上司や先輩、お客様と話す時は「私」同僚や後輩、家族と話す時は「俺」みたいな使い分けをする人は多いと思う。
要するに日本語では話し始めの一言から相手との上下関係を意識しなくてはなら無い訳で、これが英語の場合は何も考えずに”I”で良く、上下関係など意識する必要が無い。
言語の問題と言うよりそれ以前の社会や文化が生み出した「特徴」なんでしょう。
良くも悪くも、初対面同士だとお互いの静かな探り合いで上下関係が決まっていく感じ、僕は苦手だ。

「一人称問題」と言うタイトルにしたけど、悪いのは日本語では無い。
悪いのはこんな事を気にしてしまう僕自身の人間性。
かれこれ40年以上使っている母国語なのに、まだ最初の一言でつまずくってどうなんだ。
で、こういう変な人間性だから一人で勝手に変なストレスを貯めて結果、変な病気になるんじゃ無いか?
でもその「変な人間性」も僕の価値観に基づく「特徴」なだけで、別に「悪」では無い。
じゃあ変な病気も単なる特徴の一つなのか?
もう、それでいいんじゃないかな。

Farm in summer

今年はジャガイモの植え付けの頃に地震があって
なんだか畑に行く気分にもなれず…
すっかり植え付けが遅くなってしまったジャガイモでしたが、無事に収穫できました。

夏の畑は麦わら帽子ですね!

3july2011

HOPE

何が出来るのか、何をすべきか…

今年の正月に初日の出を見に行った時、太陽が見え始めると歓声とともに大勢の人が携帯やデジカメでその太陽を撮影していました。
そして僕もその一人。

2011-sunrise-01

周りを見ると太陽に向かって両手を合わせるおじいさんが一人。
なんだか自分の行動が少し恥ずかしく感じて、僕も嫁さんと二人で静かに真似してみる事に。
何か少し「希望」のような物を感じた気がしました。

First picking

firstpicking
我が畑もいよいよ初めての収穫です。
野菜は売っている物に比べたら小さいし、形も悪い。
畑デビューシーズンなのでこんなものかな…
でもなかなか嬉しい。

それにしてもW杯感動しました!
我が家はテレビが無いので試合の度に嫁さんと実家に行ってテレビ観戦。
ベスト8ならずでしたが興奮覚めやらず、仕事しててもついついW杯関連のネットサーフィンをしちゃいます。

感動をありがとう!

Kudanshita

千代田区九段下の九段会館で行われた
向井秀徳(Zazen boys)のライブに行って来ました。
acoele_flyer1
座って、ビール飲みながら観る感じのリラックスムードが良かったです。

ちょっと早めに九段下に着いてしまったので、近くの靖国神社へ初めて行きました。
yasukuni1

yasukuni2

yasukuni3

世界一の超過密都市東京のど真ん中、千代田区。
ここは台風の目の様な静けさと緊張感の有る独特の空気を感じます。