Petrol head

最近鼻が良くなったような気がしてならない。
年を取ると、視力や聴力は確実に衰えるのに、匂いを嗅ぎ分ける能力は以前より増した気がする。
高校生の頃クラスにワキガの奴がいて嫌われていた。でもその時、正直僕はその彼がワキガかどうか分らなかった。
30代半ばの今、ワキガの嗅ぎ分けは十分にできるように成っている。
これは喜ぶべきか、悲しむべきか・・・
人間の肉体的能力は20歳頃から老化するのみと聞いた事はあるけど、鼻は違うのだろうか?
最近はそのせいで

汗臭い人
酒臭い人
タバコ臭い人
足が臭い人
口が臭い人
香水を付け過ぎの人
見た目が臭そうな人

こういう人たちへの嫌悪感は以前より増す一方だ。

しかしながら、自分が上記の人に当てはまっていたとしても自分の事は良くわからない。
人間は自分の匂いには鈍感だ。

過去10年以上の間、僕の乗ってきた車の車内はいつもガソリン臭かった。
でも自分で気になった事はあまり無かった。
たまにモトクロス仲間以外の人を乗せると必ずガソリン臭いと言われた覚えがある。

思えばガソリン臭いのはモトクロスばかりしていた頃の自分の匂いだったのかもしれない。

オーストラリアではバイクや車が大好きな人を petrol headと言う。
直訳すれば「ガソリン頭」

そんなガソリン頭だった僕も最近はガソリン臭く無い車に馴れてしまった。

taka378

Champion’s watch

少し前の話ですが
2008年全日本MX最終戦のIA2ヒート2のチェッカーが振られた瞬間
僕はオーストラリアから観戦に来たTKの父、勝谷さんの隣に居ました。

おめでとうございますと声をかけようと思ったが、かけたかどうかは覚えていない。
勝谷さんはTKがチェッカーを受けた瞬間からなぜか何も言わず渋い表情で腕時計をカチャカチャいじり続けていた。
どうやらベルトの長さを調整している様だった。
レース中も殆ど口を開かず、ひたすら静かだったがヒート2が4位でのチャンピオン決定が気に入らなかったのだろうか?それとも本当は嬉しいけど照れ隠しなのだろうか?

表彰式が終わる頃ようやく勝谷さんが声を発した。
「これあげようと思って」
手にしている時計は良く見るとロレックスだった。


モトクロスの為に家族でオーストラリアに移住して20年の勝谷さん一家
人生にこんな瞬間を持てる人はそう居ないと感じた。

TK photos

混戦模様の全日本IA2
TK勝谷武史がここ一番大事なレースでまた1-1を決めてくれました!
この場面でこの結果はカッコよすぎる!
だからと言う訳ではありませんが、TKのWebサイトにフォトギャラリーを追加しました。

写真を撮ったのはゴールドコーストで一緒に仕事をしていたカメラマンのマサル君です。
第2戦の写真なので旬ではありませんが、写真を並べながらやっぱモトクロスって良いなとか思ったりしました。

JMX R8 Meihan

4月に引き続き、また名阪まで行ってしまいました。
久々のロングドライブで辛かった。
でもTKの完全勝利が見れて良かった!

表彰式を見守るTK姉まりさん。

IA2ランキング首位の平田優が負傷欠場の間に
最大ポイントを獲得し一気に7ポイント差に!
残りは2戦、チャンピオンシップの行方はまだまだ分かりません。

IA1はHRCの2人のライダー増田一将、熱田孝高がヒート優勝を分けました。
でも総合優勝は今回からTeam NRTで参戦の成田亮(両ヒート追い上げて2位)
やっぱり強さと速さで一番チャンピオンに近い存在だなぁと実感。

自分的に気になったライダー
田中教世
ファクトリーライダーがひしめくIA1でプライベートながら健闘。
ライディングはスムーズかつスタイリッシュ!

北居良樹
フィニッシュジャンプ手前の長いテーブルトップを唯一飛んでいた。
見てて怖い感じの飛び方だったけど、やっぱこういうのはカッコイイ。

コスプレなマーシャル

自分はブラッドショー世代なんでベイリー現役時代は良く知りませんがJTのラーメン模様懐かしい。

オフィシャル用バイク

Red Bull FMX in Yokohama

横浜赤レンガ倉庫のFMXを見に行ってきました。

ロケーションが凄かった!
こんな所にランプ置いてカッコイイ!

このロケーションなのに、FMXはタダで見れる!
そのお陰で観客にはFMX初体験な人も沢山いたみたい。

後ろにいたカップルが「えっ、あそこからココまで飛ぶの?うそ?」とか、こんな会話してるのを聞いて
始まったらこのカップルどんな驚き方するのか楽しみで、
内心ニヤニヤ状態な自分。

そうこうしてるとライダー達が集まって、エンジン掛けて暖気し始めた。
たぶん最初はみんな技入れないで飛んでくるけど、
それでも初めて見る人はビックリしちゃって大騒ぎすんだろうな、
でもそれだけじゃ無いんだよ君たちフッフッフみたいな、
妙に上から目線の予想を巡らしてた自分。

そしていよいよ最初のライダー釘村コータが飛んだ。
その1本目がいきなりバックフリップ!!
周りは歓声と言うより悲鳴。もう大騒ぎ。
で俺もビックリして絶句、くぅーっと尻に力が入ってた。
なんで?
俺はFMXは何度も見てるから驚いたりはしないけどね?的なスタンスだったのに、絶句して驚きをケツで表現した俺。
なんで?


でも移動式のランディングでバックフリップって怖すぎる。
エイゴさんはコルドバフリップまで出してたけど、この時もくぅーってなってたし俺。
周りの観客はみんな大騒ぎ、若いカップルとかが多いけど、
子供もおじさんもおばさんも一緒に大騒ぎ。

みんな多いに楽しんでる感じだった。
そんなのを見てたら日本のFMXライダー頑張ってんなーって
思いに駆られ一人でじーんとした。

くぅー、じーん、と一人で変なテンションの俺。

いや、でも良いもの見せて頂きました!

Australian MX championships Rd3, Conondale, QLD

友達がオーストラリア選手権の写真を送ってくれたのでアップします。
今回は日本から参加のTKの活躍が気になるところですが、まず今回の会場はここクインズランド州のサンシャインコーストにあるコノンデール。
AMAナショナルのユナディラを彷彿するハイスピードコース。

このロケーション日本では真似出来ない。(この写真は数年前自分がとったものです)
実は普段は牧場になっていて牛が居るらしく、その証拠に糞が・・・

オーストラリア選手件のピット風景

オーストラリアカワサキから参加の#T のTK


レース結果は3位/7位だった様です(本人のblogより)お疲れ様でした。

ここにリザルトがあったので張っておきます。ちなみにTopカテゴリーのプロオープンクラスの上位3人は
ジェイ・マーモント
クレイグ・アンダーソン
ダリル・ハーレー
は皆AMAからの出戻り(なんか失礼な言い方?)ライダーです。
そんで4位のダニエル・マッコイはロードレーサーのギャリー・マッコイ弟らしいです。日本で言うと芹沢兄弟みたいな感じ?

#4 RCのTシャツを着たアジア人男性と思いきや

#4 MASUDA 一将Tシャツの勝谷さん(TK父)の後姿じゃないですか!

Photo by Matt
Thanks 🙂

All Japan Motocross R2 Kanto (Part1)

行ってまいりました、第2戦川越。

今回はモトクロス初観戦(撮影)のカメラマンの友人と一緒でした。
なかなか良い写真が撮れたと思います。

以下フルテンションで行きます!

#331新井宏彰



開幕から2戦IA1の空気を操るのはIA2チャンピオン。予想を上回る活躍でライバル達を翻弄する。

#1成田亮


抜群のスピードと豪快なライディング、このまま終わるはずは無い。

#4増田一将

内容は悪くない、何かが噛み合わず結果につながらない、足りないのは運だけだ。

#197平田優

完璧なレース運びで両ヒート制覇の完全勝利、HRCライダーとしての任務を果たす。

#111勝谷武史



誰もが捨てたくない無いものを捨てる、ただ前に進む為に。
ゴーグルを捨てトップを目指すも両ヒート共に2位。それは屈辱的な結果でしかない。


観客が帰り支度を始める頃、もう一つの真剣勝負を繰り広げるIBライダー達。


戦う者とそうでない者の境界線。

This is all Japan motocross.

All Japan MX R1 Meihan

全日本開幕戦見てきました。

IA2 ヒート1で2位入賞のTK


今年はカワサキにスイッチしてゼッケンも#111に戻ってなかなかの好調ぶり。
昨年、怪我に泣かされたうっぷんを晴らして今年はがつんとチャンピオンとって欲しいです。
TKホームページ管理人としては、メーカー変わったし、早いところホームページを更新しなくては・・・TKそして関係者の皆様もう少しお待ちください。

IA1で驚いたのは#331新井が思いのほか速かった事、リザルトは2-2で総合優勝。
IA1ルーキーが開幕でこの成績って言うのはびっくり。
それだけここ最近のIA2のレベルが高いってことですね。

密かに応援していた#4増田一将も良い走りしてたけど、両ヒートとも惜しい結果。
#5北居良樹も密かに熱い走りが好きだ、リズムセクション攻めてた。

今回は土曜日に名古屋で嫁さんが行きたいライブが有って
その翌日が自分が行きたい名阪だったので、お互いに口実を作って神奈川から名阪へ。
次もこう言う口実が出来れば良いんだけど・・・
ライブはエレファントカシマシ

この人40過ぎって、信じられん、なんかじ?んとした。

名古屋から名阪までは山崎くんのタンドラに便乗させて頂きました。

カッコいい!!ありがとうございました。

それからリアットブレースの出店にオーストラリアから来ていたマリさん(TK 姉)、そして世田谷レーシング・ゼネラルのマキオさんにお会い出来て良かったです。みなさん色々頑張ってますね、自分も少しお手伝いさせていただきます。
それから名阪に居たのに会えなかった品田さん、残念でしたがまたの機会に!

最後に名古屋で食べた物自慢

ひつまぶし
みそカツ
みそ煮込みうどん
手羽先
天むす

うみゃー

以上!