ニセがん患者

こんにちは、見目です。
ご無沙汰しております。
しばらく沈没しておりましたが、復活します!
ちょっとややこしい病気になりました。
2017年1月より神奈川県立がんセンターに通院しています。

実は「軟部肉腫」と言う筋肉に出来るがんの疑いが有りまして、CTスキャンやMRIなどの検査をして、入院して切開生検術と言う方法で病理検査まで受けました。

結果は「悪性の根拠無し」と言う訳で、がんでは有りませんでした!

そして良性の腫瘍とも違うらしく、あえて言うなら診断は

「左鼠蹊部から大腿部に増大傾向を示す軟部腫瘍を疑わせる病巣がある。
生検の結果は悪性の所見を示すものは無い。
Fibrotic mass with adipose tissue (脂肪組織を伴った線維性組織)」

と言う何とも分かりにくい状況です。生検後は特に治療はせず、がんセンターに通院し2ヶ月に1回CTスキャンで経過観察をしています。

病気の事を聞かれると説明するのに困ります。先生でさえ、ハッキリとした診断が出来ない状況な訳で、ただ徐々に拡大はするが、転移もしてないし、これによって命を失う事は無いでしょう。だから無理に病名を付ける必要も無いでしょう、と言う判断のようです。

僕はあえてこれを「ニセがん」呼ぶ事にしました。ニセとは言え徐々に拡大する病巣の影響はそれなり有ります。近いうちに手術により一部を切除する予定ですが、このニセがん病巣は大腿部の太い血管や神経を巻き込む形で拡大しているため、手術をしても全部を取除く事は不可能と言われています。

最新の放射線治療の重粒子線も一つの選択肢として上がっていますが、僕はこの先しばらく、もしくは一生この病名と付き合って生きていく事になりそうです。
そんな訳で僕なりの付き合い方を模索中です。

Farm in summer

今年はジャガイモの植え付けの頃に地震があって
なんだか畑に行く気分にもなれず…
すっかり植え付けが遅くなってしまったジャガイモでしたが、無事に収穫できました。

夏の畑は麦わら帽子ですね!

3july2011

HOPE

何が出来るのか、何をすべきか…

今年の正月に初日の出を見に行った時、太陽が見え始めると歓声とともに大勢の人が携帯やデジカメでその太陽を撮影していました。
そして僕もその一人。

2011-sunrise-01

周りを見ると太陽に向かって両手を合わせるおじいさんが一人。
なんだか自分の行動が少し恥ずかしく感じて、僕も嫁さんと二人で静かに真似してみる事に。
何か少し「希望」のような物を感じた気がしました。

First picking

firstpicking
我が畑もいよいよ初めての収穫です。
野菜は売っている物に比べたら小さいし、形も悪い。
畑デビューシーズンなのでこんなものかな…
でもなかなか嬉しい。

それにしてもW杯感動しました!
我が家はテレビが無いので試合の度に嫁さんと実家に行ってテレビ観戦。
ベスト8ならずでしたが興奮覚めやらず、仕事しててもついついW杯関連のネットサーフィンをしちゃいます。

感動をありがとう!

Kudanshita

千代田区九段下の九段会館で行われた
向井秀徳(Zazen boys)のライブに行って来ました。
acoele_flyer1
座って、ビール飲みながら観る感じのリラックスムードが良かったです。

ちょっと早めに九段下に着いてしまったので、近くの靖国神社へ初めて行きました。
yasukuni1

yasukuni2

yasukuni3

世界一の超過密都市東京のど真ん中、千代田区。
ここは台風の目の様な静けさと緊張感の有る独特の空気を感じます。

Weekend agriculture

この春、週末農業をはじめました。
field1
まずはクワで耕しました。
奥にいるのがこの畑のアドバイザー我が父。
さすが百姓の生まれだけあってクワさばきが良い。
手前のヘッピリ腰が私です。

ジャガイモの芽が出たのは4月上旬。
potato

4月中旬に植えたサツマイモの苗
sweetpotato

4月下旬ジャガイモはもうこのサイズに
potato2

一方のサツマイモは4月に入ってからの降雪や寒さに耐えられず。こんな姿に…。
sweetpotato2

北海道が名産地のジャガイモ
鹿児島が名産地のサツマイモ
気候への順応の違いをリアルに感じた瞬間。

種をまいてすぐに沢山の芽を出したカブ。
kabu2
何だかすごく可愛いけど、この面積にこの数は栽培できないので、間引かないといけません。
土に対して生きれる命の数は限度がある訳です。
こういう状態は都会生活に似ている気もする訳で…。
色々問題やストレスが多そうです。

そんな訳で畑の事がちょっと気がかりな今日この頃です。